日本租税理論学会、研究大会シンポでの報告者を公募中

日本租税理論学会は2019年12月7日、8日に名古屋で開催される研究大会で統一テーマ「租税上の先端課題への挑戦」で、会員、非会員の報告を公募中です。
学会HPにアクセスしてネットで奮って応募ください。
日本租税理論学会ホームページ 内【シンポジウムでの報告者の募集

カテゴリー: blog

AI税務の将来像を展望する 【CNNニューズ第95号】

税務行政のスマート化構想、とりわけAI税務システム、ないし税務のAI化/ML化は、課税庁サイドからに加え、納税者ないし税務専門職サイドからも検討すべき課題が山積している。税務行政の情報化と納税者の人権保護問題に詳しい石村耕治PIJ代表に、税理士である菊地純PIJ常任運営委員が、国税庁の「税務行政の将来像/税務行政のスマート化構想」の問題点と〝納税者/税務専門職がファースト〟の税務行政のあり方について議論を行っている。
プライバシーインターナショナルジャパン 内【CNNニュ-ズ95号

カテゴリー: blog

インドの国民背番号(アドハーナンバー)制の現状を知る 【CNNニューズ第91号】

インドの国民ID番号制(国民総背番号制)は、「アドハーナンバー(Aadhaar number)」の名称を使っています。わが国の個人番号制(国民総背番号制)で「マイナンバー」の通称を使っているのに相応します。
インドは、1999年頃から国民背番号制の導入の検討を開始し、2008年以降から本格導入をしました。わが国の紙製の通知カードは、世帯単位で自宅へ郵送されました。これに対して、アドハーカード(レター)は、紙製ですが、アドハー登録した個人が、ネットを使ってオンラインで、ダウンロード交付を受ける仕組みになっています。インドの国民ID番号制を検証することで、わが国のマイナンバー制度の将来像が透けて見えてきます。

PIJ(プライバシー・インターナショナル・ジャパン)CNNニュ-ズ第91号
アドハーカード切り取り【使用のPR(Public Use)】
【アドハーカード切り取り使用のPR(Public Use)】

カテゴリー: blog