米 加州の消費者プライバシー法(CCPA)を読む【CNNニューズ98号】

カリフォルニア州で、ギャビン・ニューサム(Gavin Newsom)新知事(民主党所属)が、2019年2月12日に、州議会で州知事の施政方針演説(State of the State speech)を行いました。そのなかで、新知事は、「州民の個人データは、本来、州民のものである。州民がネット企業に奪われたデータ利益は州民に返さなければいけない。と訴えました。州民のデータからあみ出された元本を運用して、そこから派生した運用益を州民に還元する「データ配当(dataxdividend)」(「デジタル配当(digital dividend)」ともいう。)構想を打ち出しました。

カリフォルニア州プライバシー法(CCPA)や、「データ配当」とは何かについて対談をしています。
プライバシーインターナショナルジャパン  内  【CNNニュ-ズ第98号(11頁)】

 

カテゴリー: blog

日本租税理論学会、研究大会シンポでの報告者を公募中

日本租税理論学会は2019年12月7日、8日に名古屋で開催される研究大会で統一テーマ「租税上の先端課題への挑戦」で、会員、非会員の報告を公募中です。
学会HPにアクセスしてネットで奮って応募ください。
日本租税理論学会ホームページ 内【シンポジウムでの報告者の募集

カテゴリー: blog

AI税務の将来像を展望する 【CNNニューズ第95号】

税務行政のスマート化構想、とりわけAI税務システム、ないし税務のAI化/ML化は、課税庁サイドからに加え、納税者ないし税務専門職サイドからも検討すべき課題が山積している。税務行政の情報化と納税者の人権保護問題に詳しい石村耕治PIJ代表に、税理士である菊地純PIJ常任運営委員が、国税庁の「税務行政の将来像/税務行政のスマート化構想」の問題点と〝納税者/税務専門職がファースト〟の税務行政のあり方について議論を行っている。
プライバシーインターナショナルジャパン 内【CNNニュ-ズ95号

カテゴリー: blog