AI税務の将来像を展望する 【CNNニューズ第95号】

税務行政のスマート化構想、とりわけAI税務システム、ないし税務のAI化/ML化は、課税庁サイドからに加え、納税者ないし税務専門職サイドからも検討すべき課題が山積している。税務行政の情報化と納税者の人権保護問題に詳しい石村耕治PIJ代表に、税理士である菊地純PIJ常任運営委員が、国税庁の「税務行政の将来像/税務行政のスマート化構想」の問題点と〝納税者/税務専門職がファースト〟の税務行政のあり方について議論を行っている。
プライバシーインターナショナルジャパン 内【CNNニュ-ズ95号

カテゴリー: blog